どんなお薬にも副作用はつきもの

ラミクタールは、抗てんかん薬です。
脳神経の興奮を抑制して、てんかん発作を予防をする作用があります。
単独でてんかん発作の治療薬として用いるほか、効果を高めるために別の抗てんかん薬と併用してより効果を上げることも可能です。

また、ラミクタールはもう一つの効能は、双極性障害に対するものです。
気分の浮き沈みを抑制することで、双極性障害における躁やうつの再発を防ぐのに役立ちます。

このようにラミクタールは、てんかん発作や双極性障害に用いられている一般的な薬ですが、やはりどんな薬であっても個人差はありますが、副作用はつきものですので使用に関してはある程度、どんな副作用があるかを把握しておくと良いでしょう。

起こる頻度は少ないとされていますが、重い副作用としては、皮膚・粘膜障害、 過敏症症候群、重い血液成分の異常、肝臓の重い症状、無菌性髄膜炎があります。
自覚症状がないままで悪化する場合もありますので、投薬している間には医師の管理をしっかり受ける必要があります。

また、起こる頻度がよくあるとされる副作用は、発疹、発赤、眠気、めまい、頭痛、不眠、吐き気、吐く、下痢、食欲不振、物が二重に見える、物がかすんで見える、肝機能値異常です。

いずれにしてもラミクタールを服用している間に、いつもと違う症状を感じた時には、医師に相談をしましょう。
重い副作用でなければ継続して用いることで、てんかん発作などの効果があり落ち着いた暮らしを維持できていく場合も多くあります。
ですから、この薬は副作用と効果の兼ね合いを見ながら、継続して行くかも決まって来ると言えるでしょう。
経過観察をする必要もあるので、服用中は定期的な受診をしましょう。